2021年08月25日

作家日記-照山ひさ子

(寄稿:委員 照山ひさ子 茨城県出身、東京都練馬区在住)


2021年女流画家協会つくば展に参加して   CIMG9715 (2).jpg


 私の故郷の茨城県で地方展が開催されることになり、私も女流のなかまの皆様とご一緒に久しぶりにつくば美術館を訪れました。
 利根川を渡ると間もなく左手前方に、広大な関東平野に聳え立つ筑波山が見えてきました。筑波山を見るといつも「ああ、茨城に帰ってきたんだな。」という何とも表現し難いノスタルジーを感じるものです。
 思い起こせば私の子供の頃は茨城には交通機関も少なく、周りは見渡す限りの畑や雑木林ばかり。美術館やコンサートホールなどという文化的な施設は皆無に等しく、先生達からはいつも口癖のように「茨城は文化の後進県なのだ。」と言われ、子供心に文化に対する酷い劣等感を感じて育ったものでした。
 しかし、今や茨城県も大きく様変わりしました。水戸市には「音楽、演劇、美術を身近なものに」というコンセプトのもとに水戸芸術館が誕生、つくば市には筑波大学が誘致され、国の需要な科学技術研究機関が続々と進出、そしてつくば美術館も誕生しました。


 女流画家協会の地方展が今回茨城の地で開催できましたことは、私たち茨城県人にとってこの上ない喜びでした。地域の皆様に長い歴史を持つ女流画家協会の存在を知っていただく良い機会となり、また茨城の文化振興にも大いに貢献できたのではないかと思っております。厳しい状況の中でも、母校下妻第一高等学校時代の友人たちが何人か来館し、作品を鑑賞して下さいました。何十年振りかの再会でしたが、懐かしい青春時代に戻ったような楽しいひと時をもつこともできました。

DSC_0113.jpg



事務所の皆様、そして茨城在住の皆様方にはコロナ禍と猛暑の中、大変お骨折りいただき、お陰様で立派なつくば展が開催できましたことを改めて感謝申し上げます。






posted by joryugakakyokai at 23:12| 作家日記