2022年12月09日

研究部-藤田千佐子

研究部より(寄稿:会友 藤田千佐子)

銀座の研究会に通い始めてから20年以上たちます。
教室は二つに分かれていて中間の踊り場で、先生から作品の講評を受けていました。想い出としては最高のノスタルジーです。

今は上野の明るいお教室です。
ここは広くて一つにまとまって
とても快適です。

担当の先生からアドバイスを受けますが、若い頃は、感極まって涙が溢れてきた事も、、、。
お恥ずかしい話です。

制作中のアトリエから少し離れて、先生から戴くアドバイスは良い刺激で楽しい時間です。少しずつ前進して描いて行けたら思っております。



1670573542336.jpg
11月のコスチュームモデルさん。
貧しいリンゴ売りの少女というテーマ


お世話になっている先生方、
お友達の皆さんこれからも宜しくお願い致します。







posted by joryugakakyokai at 17:28| 研究部