2022年05月06日

月刊ギャラリーに掲載されました

月刊ギャラリー5月号に
事務所 代表 中村智恵美先生のインタビューが掲載されています。



1651785549573.jpg


女性特有の人生の時間の流れの中で制作していくこと。
他団体との交わり、
そして自由公平な女流画家協会であることが語られています。



16517855495732.jpg


また、74回展の受賞作品も多く掲載されています。




posted by joryugakakyokai at 08:04| 委員日記

2022年04月24日

岩井洋子展 目黒区美術館

目黒区美術館 区民ギャラリーにて
2022年4月12日〜17日まで
岩井洋子委員の個展が開催されました。

iwai1.jpg


広い空間に大作が並ぶ。

iwai3.jpg


iwai4.jpg




故前田さなみ先生主催のルーチェ展(2008〜2016年)に出品されたスクエアのシリーズも展示されていました。

iwai5.jpg



iwai8.jpg
S30号「雨のライブ」




iwai6.jpg


小品も素敵です。

iwai7.jpg






今回のDM画像にも使われていた(左)
緑の三角形の作品。
「マイスペース96-1」


iwai9.jpg


近くで拝見いたしますと、鮮やかな中に複雑な構成が見えました。

iwai10.jpg


三角構図は、岩井先生が長く魅了されていらっしゃるエジプトのピラミッドがモチーフとなっているそうです。
三角形のシリーズは多く描かれていたそうですが、なかなか良い評価がもらえず迷った時期もあったとのこと。
故沢村美佐子先生に「とてもいいですね」と言っていただけたこと、
後に完成したパリのルーブル美術館のガラスのピラミッドを見て、
ご自身の表現に共感者がいることを感じられたことなど、
貴重なお話を伺うことができました。



iwai2.jpg
1996年作の作品「マイスペース96-1」と岩井先生



(寄稿:中嶋しい)

posted by joryugakakyokai at 07:11| 委員日記

2022年04月12日

創立会員 森田元子先生の本が出版されました

女流画家協会の創立会員
森田元子先生の評伝が、平凡社より出版されました。


画家 森田元子の生涯
ヴァーミリオンの女

井上由理 著


本2022森田元子.jpg





森田チラシ裏.jpg


posted by joryugakakyokai at 23:45| 委員日記

2021年12月29日

会報 Vol.11を発行しました

女流画家協会会報Vol.11を発行いたしました。

こちらからご覧いただけます。





2021_12kaiho_P1.jpg

編集委員:金谷ちぐさ/ 照山ひさ子
posted by joryugakakyokai at 07:56| 委員日記

2021年11月12日

女流画家協会 小品展

委員41名の小品(サムホール)展

東急百貨店たまプラーザ展4階アートサロン
11/11(木)〜17(水)


スキャン.jpg


posted by joryugakakyokai at 07:34| 委員日記

2021年11月03日

草莽の風展

委員8名によるグループ展
草莽(そうもう)の風展に行ってきました。
※草莽とは、在野の意味だそうです手(チョキ)



抽象画8委員の作品を堪能できる贅沢な展覧会。

DSC_0345.JPG



DSC_0346.JPG



DSC_0292.JPG

この日は、ちょうど(右から)松本恵美先生、渡辺由紀子先生、岩井洋子先生が在廊されていました。

丁寧な下地作りの話をいろいろ聞かせていただき、楽しいひと時でした。







松本恵美 委員 作
DSC_0347.JPG

DSC_0308.JPG








渡辺由紀子 委員 作
DSC_0001_BURST20211102133047702.JPG








岩井洋子 委員 作
DSC_0293.JPG








金谷ゆみえ 委員 作
DSC_0304.JPG







橋和 委員 作
DSC_0306.JPG








八木芳子 委員 作
DSC_0299.JPG








平川きみ子 委員 作
DSC_0295.JPG








大前美登利 委員 作
DSC_0297.JPG






小品も充実していて、見ごたえあり。
DSC_0344.JPG




DSC_0327.JPG




DSC_0312.JPG









11/6まで銀座K's Galleryで開催されています。

soumounokaze2021.jpg


(寄稿:委員 中嶋しい)
posted by joryugakakyokai at 21:06| 委員日記

2021年10月25日

11月 研究部のお知らせ

今年最後の研究会となります。
緊急事態宣言は解除されましたが、松本委員まで電話で申し込んだ方に限定します。中止となった場合、事前に申込者に連絡します。


日時 11月19日(金)13:30〜
場所 東京都美術館スタジオ
講師 遠藤 彰子 先生
裸婦クロッキー・デッサン、ムービング、作品批評



記名料 3,000円(定員制の間は10回出席で更新)
会費  3,000円
※部員証をお持ちの方は必ずご持参ください。


入室は12時以降。
飲食禁止。
必ずマスク着用。


申し込み後、体調の悪い方、欠席の時は
必ず事前にご連絡ください。(キャンセル待ちの方がいます。)


12月は休会となります。
※次回1/21(金)

---------------------------------------------
研究部事務所(問い合わせ先)

松本 恵美 Tel 03-3372-6632/090-3802-4528
岩井 洋子   Tel 03-3710-0904
瀬谷貴久枝   Tel 03-3710-6530 


posted by joryugakakyokai at 06:15| 委員日記

2021年07月10日

会報 Vol.10

5月に発行された最新号 Vol.10

kaiho10.jpg

こちらから全8ページご覧になれます。
 ↓

編集委員:金谷ちぐさ・照山ひさ子




今号もまた、女流の先輩画家の特集があります。
かつてあった賞、「甲斐賞」の甲斐仁代さんの生涯を取材。

その他、委員のあの方の可愛い女学生の頃の写真が!!黒ハート

今号も大好評の内容となっています。


posted by joryugakakyokai at 07:02| 委員日記

2021年04月18日

糸田玲子 追悼展

昨年10月27日に96才でお亡くなりになった
糸田玲子先生の追悼展が
銀座 えすぱす ミラボオで開催されました。



itodareiko.jpg




2021年4月12日〜17日
糸田玲子 追悼展

41304.jpg


多くの女流画家協会、新制作。関係者の方々その他の皆々様が足を運んで下さいまして、とても有り難く目頭が熱くなりました。




41306.jpg




41307.jpg


W.W.C.P(wax&water.color.painting)
ろうと水彩絵の具を使う独特な技法。

大胆な作品の数々。
燃えるような生命力を作品から感じ取って頂けたかと思います。



41309.jpg




玲子先生はいくつになっても制作意欲が途切れず、常に前向きでした。


41310.jpg




41311.jpg



41313.jpg



今でも絵を描いていると、玲子先生の声が聞こえてくるような気がします。

「もっと丁寧に。構図は大きく、思い切って」



41314.jpg




41317.jpg



コロナ禍の中、沢山の方々がご来場頂き心より御礼申し上げます。

有難う御座いました。

(寄稿:平川きみ子 委員)

posted by joryugakakyokai at 00:00| 委員日記

2021年03月23日

3月の委員会

この1年、委員会は
中止にせざるを得なかったり、
開催できても集まれる人数は
定員の半分に制限、
1つの会議を2回に分けて開催してきました。

本日も定員50名の東京都美術館スタジオにて
半数(約25名ずつ)にして2回行われました。
前半13:00〜
後半14:30〜


3月委員会.jpg


2か月後にせまった
74回女流画家協会展に向け、
たくさんの議題を限られた時間の中で
報告、確認、検討をしていきます。





代表 中村智恵美委員。
気合の入ったTシャツが素敵です。

3月委員会3.jpg







左(会計支出:平川きみ子委員)
上(書記:柴野純子委員)
下(左 広告:杉本弘子委員)
下(右 印刷:コ中壽子委員)
3月委員会4.jpg





上野の桜は7〜8分咲きでした!

DSC_1695.JPG

5月には全国の皆様が安全に安心して発表できる、いい展覧会が開催されますように。

女流画家協会展 搬入 2021年5月20日(木)

(寄稿:中嶋しい)


posted by joryugakakyokai at 18:19| 委員日記