2023年01月23日

1月研究部の様子

2023年最初の研究部。

参加32名の賑やかな初回となりました。

スペースに余裕がない状態でしたが、皆様ゆずり合いながら真剣な眼差しで黙々とデッサンに集中。

女流画家協会研究部2023年1月会場風景.jpg




本日の講師は、
3年間研究部の担当をされた松本恵美委員。
アーティストトークが楽しみです。黒ハート

松本恵美先生A.jpg




部員の皆さまの大きな拍手で、
松本先生のトークが始まりました。

松本恵美先生アーティストトーク.jpg


(松本委員)
皆様にまたお会いできて、とっても嬉しいです。
アーティストトークなんて何を話そうかな、と昨日考えたのですが全然まとまらなくて。
子供の頃の話をしようかなと思います。

子供の頃から絵は好きでした。
ほかの習い事をしたことがないのですが、小学校3年生から高校まで、近くの絵画教室に通っていました。

小学校6年生のお誕生日に父が油絵の具一式を買ってくれまして、初めて油絵を描きました。
4号ですね。
今もあります。
今日は持ってきても良かったかな!と思ったのですけど(笑)
(会場(笑)。見たかった〜、の呟き)
その時描いたのはパイナップルと桃。


絵の具を一つ一つ手にとって、先生が使い方を教えてくださって。
その時のワクワク感!!

年齢を重ねてくると、そういうワクワク感がなくなってくるのですけど。
もう新月歳になりまして、、、
言いたくなかったんですけど(言っちゃった)(会場:笑)揺れるハート

6年生の時のあのワクワク感を、いつまでも持っていたいなあと思います。


通っていたアトリエは、すごく生徒が多くて、画板を置いた床は隙間がないほどでした。
先生が途中でいつも紙芝居を読んでくれて、それが楽しくて。

石膏がいっぱいあったので、小学校の頃から画用紙にクレヨンやコンテで石膏をたくさん描きました。そのおかげか、石膏デッサンが大好きになって、高校生の時は朝早く美術室で授業が始まる前に石膏デッサンを描いていました。

今、私の絵にどれだけ石膏デッサンが活きているかわからないけど、好きなことをこの年まで続けて来れて、本当に幸せだなあと思っています。


だいぶ絵を処分しました。
私の絵は最大で130号ですが、最近はそれも大きすぎるかなと感じています。
本当に自分が描きたいサイズがいいと思います。

皆さんも、公募展なのでインパクトを与えるために大作を描かなきゃ、と思われる気持ちがあると思うんですね。でもやっぱり自分のサイズというものを考えて描いて行かれるといいかなあと思います。

作品サイズは小さくなっても、手と目が大丈夫な間は続けていけるので、幸せなものに出会えたな。。。と思っています。


それから、
大学卒業してすぐ教室を始めたのですが、自分が通っていた先生の影響か、私も絵を描かせるだけじゃなくて、絵本を読んであげたり、アトリエキャンプとか、みんなでアトリエに泊まってご飯作ったり。そういうのが楽しくて生徒はずいぶん増えちゃったんですね。嬉しいような困ったような状態でしたが、私も若かったので若さのなせる技で過ごしました。
(会場 大拍手)手(パー)
(時間ピッタリに終了!)




このあと、個別講評にもご尽力。

松本恵美先生2.jpg


部員の方々も、しっかり制作された作品写真を持参され、熱心に質問。

松本恵美先生.jpg





松本恵美先生、このブログでは本当に3年間お世話になりありがとうございました。
1回も欠かすことなくご寄稿いただきました。
記録としても、とっても良かった思っております。
部員の皆さまも、いつもご協力をありがとうございました。

3年間事務を担当して頂きました瀬谷貴久枝委員
2年間の会計係 岩井洋子委員
1年間の会計係 コ中壽子委員
大変お疲れ様でございました。


また、今期の研究部係
黒沢裕子委員(写真右)、鈴木多美子委員(写真左)
1年間たいへんだと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
黒沢裕子先生と鈴木多美子先生.jpg


寄稿:web担当 委員 中嶋しい









posted by joryugakakyokai at 19:00| 研究部

2022年12月24日

2023年度 研究部のお知らせ

2023年度研究部のチラシはこちら
https://www.joryugakakyokai.com/gaiyo/pdf/kenkyubu2023.pdf

定員になり次第締め切ります。

1月20日(金)講師:松本 恵美
2月17日(金)講師:広瀬 晴美
3月17日(金)講師:堀岡 正子
(4月以降の日程は3ヶ月前に決定します)

黒沢委員・鈴木委員まで電話で申し込んでください。

研究部事務所(問合せ先)
黒沢裕子  TEL03-3308-0816
鈴木多美子 TEL03-3899-3243



女流画家協会研究部

東京都美術館のスタジオを研究部がアトリエとして使用いたします。

記名料 ¥3,000(1年間有効)
会 費 ¥3,000 (毎回)

★研究会は13:30開始です。(12時より受付)
★講師に、持参した作品の批評を希望される方は、受付時に申し込んでください。
★終了後はみんなで協力して後片付けをしましょう。
★住所等の変更は、事務係に連絡してください。

☆頑張って毎回、研究部に出席しましょう。続けることが、大きな力となります。

新型コロナウイルス感染防止の為、必ずマスク着用してください。
体調の悪い方の参加はご遠慮ください。
スタジオ内での飲食禁止(飲料水可)入室は12時以降とします。



posted by joryugakakyokai at 21:01| 研究部

2022年12月09日

研究部-藤田千佐子

研究部より(寄稿:会友 藤田千佐子)

銀座の研究会に通い始めてから20年以上たちます。
教室は二つに分かれていて中間の踊り場で、先生から作品の講評を受けていました。想い出としては最高のノスタルジーです。

今は上野の明るいお教室です。
ここは広くて一つにまとまって
とても快適です。

担当の先生からアドバイスを受けますが、若い頃は、感極まって涙が溢れてきた事も、、、。
お恥ずかしい話です。

制作中のアトリエから少し離れて、先生から戴くアドバイスは良い刺激で楽しい時間です。少しずつ前進して描いて行けたら思っております。



1670573542336.jpg
11月のコスチュームモデルさん。
貧しいリンゴ売りの少女というテーマ


お世話になっている先生方、
お友達の皆さんこれからも宜しくお願い致します。







posted by joryugakakyokai at 17:28| 研究部

2022年11月30日

10月・11月研究部の様子

10月研究会は、いろいろな規制が解除され、人々の行動も活発になってきました。
外人観光客も増え、コロナの再拡大も心配される状況でしたが、キャンセルも数人あったにもかかわらず、今年になって一番参加人数が多く、部員の方達も熱心でとても嬉しい限りでした。

次期担当のお二人(黒沢、鈴木両委員)も引継ぎ見学を兼ねて午前中より参加して下さいました。

高橋恭子講師はたくさんの資料(エスキースなど写真も含めて)を持参して、時間をかけて講評をして下さいました。トークも写真を見ながらの制作の過程など、参考になるお話をしてくださいました。


1.jpg
身を乗り出し、立ち上がって話をする高橋講師(右)



今回のモデルさんはプロポーションも肌も美しく、横顔がきれいなので、移動して横から見るなど部員には評判がよく、感じのいいモデルさんでした。

画像2.jpg
10月研究会風景






11月研究会は、申込がたくさんあったにも関わらず、諸事情でキャンセルが多くなり、27名の参加でした。コスチュームなので、モデルさんがどのような衣装を持参するか楽しみでもあります。


画像3.jpg
大阪出身の辻井講師、若いころの話など中心に、30歳頃に初めて個展を開き、初めて出品した公募展は女流展で静物を出品したとの事。興味深いトークでした。



画像4.jpg


11月はコスチューム。モデルさんは、貧しいリンゴ売りの少女というテーマで衣装とバスケットに入ったリンゴ(これは軽いプラスチック製でした)を持参。金髪のかつらにレースのスカーフをかぶり、エプロンドレスの後ろ姿も素敵で、後ろ姿の上半身を中心に描く人もいました。モデルさんが写真左に少し写っています。




2020年から研究部を担当しましたが、1年目はコロナ感染拡大で、1月、2月、7月の3回しか実施できず、2年目(2021年)は4月25日〜5月11日迄緊急事態宣言の為、美術館が休館になり5月のみ中止に。11月は今までの定員半分から緩和されて通常に戻りました。
3年目(2022年)は1月のみ中止とし、どうにか実施することができました。

3年間は申込制でやりましたが、これは参加者人数が事前に把握でき、良かったです。
その間、遠方からの参加者など熱心に研究会に参加してくださる部員の方もいらっしゃいました。

1968年より銀座美術家連盟会館にて開設された研究部も、来年で55年目を迎えます。
遠方からも参加する熱心な部員の方たちに支えられて、続けてくることができました。。
私達3名(松本、徳中、瀬谷さん)もコロナ禍でどうにか次期担当の(黒沢、鈴木両委員)に無事バトンタッチ出来ほっとしております。

これからも研究会が皆さんの良い勉強の場であり、絵を通して楽しい交流の場でありますように。

研究会終了後、今年最後、そして私達最後の研究会でもあり、事務所の中村智恵美委員、次期担当黒沢、鈴木両委員、堀岡委員、部員の参加希望者も含め総勢23名で懇親会を行いました。(11月18日17時より、トラットリア・イタリアにて)


寄稿:松本恵美 委員






posted by joryugakakyokai at 21:39| 研究部

2022年09月25日

9月の研究部の様子

コロナ感染者は少しずつではありますが減少気味です。キャンセルが2名いて、23名の参加となりました。

年10回のうち9月は男性モデル。
ギターケースを抱えてきました。中にギターが入っているのかと思ったら、モデルガンや木刀。ちょっと物騒なものでした。

話を聞くと、元陸上自衛官。
ものを持たなければできない動きがあるとの事。

5分×3ポーズのクロッキーは、1ポーズにモデルガンを持ったもの。その3ポーズの中から固定ポーズを決めてもらいましたが、結局何も持たないポーズに多数決で決定しました。
最後のムービングは、音楽なしでゆっくりとした動きを見せ、銃を構えたり……。
とにかくユニークなモデルさんでした。やはり小道具を使うとしても、もう少し身近なもののほうがよかったかと思います。




202209_1.jpg

自己紹介を兼ねたトークをする照山ひさ子講師。
現在も理科の教師をしていて、30歳から絵を始め、6年前に大病もして、自分には時間がない、絵で生きざまを表現したい、とお話してくださいました。
  





202209_2.jpg
スタジオの一角で、画集を見ながら熱心に講評をする照山講師。



9月研究会は、少しは猛暑も落ち着いてきましたが、蒸し暑さは相変わらずでした。

次回10月は28日なので、すっかり秋らしい季節になっているはずです。
私達3名の担当も11月までとなります。

当分の間は申込制ですので、宜しくお願いします。皆さんの参加をお待ちしています。


(寄稿:松本 恵美 委員)





posted by joryugakakyokai at 07:40| 研究部

2022年07月29日

6月・7月の研究部の様子



6月は24名の参加で、かなりの暑さ、日差しも強く、画材をもって駅から美術館までの道のりは大変だったと思います。

女流展も終わった後ですが、皆さん猛暑にも関わらず熱心に参加していただきました。




図10.jpg

最初に前田礼子講師のトーク
初出品の頃、前田さなみ教室に行っていた頃、イタリア留学していた頃の話など、短時間ではありましたが興味深いお話をしていただきました。




図11.jpg
スタジオの一角で、アクリル板を挟んで少し距離をとっての講評をする前田講師。





7月は緊急事態宣言は出ませんでしたが、感染者3万人越えを更新して、ハラハラしていましたが、行動制限も出ず、都美術館も休館になりませんでしたので、実施しました。

キャンセルが7名ほどいましたが、このような状況でも19名の方が参加しました。朝は雨模様でしたが昼前からは晴れて、日差しの強い猛暑日となりました。


図1.jpg


7月は新城小波江講師の予定でしたが、都合で岩井洋子講師に交代しました。
春に開催した目黒美術館での個展、長く出品してきた事等の話をしてくださいました。




図2.jpg
画集を見ながら講評をする岩井講師。この日は1人の持ち時間に少し余裕がありました。





図3.jpg
毎回10分の休憩時に、仲田さん指導のもとストレッチ体操をする。


いつもモデルさんも一緒に参加しています。これは毎回、いつも使わない筋肉を伸ばしたり私も楽しみにしています。
演劇をやっているというモデルさんは、ムービングの時に音楽をかけ、モデル台から降りたりして、描いている部員の方たちも思わず声をあげてしまうような激しい、そして緩急をつけたドラマチックな動きを見せてくれました。




8月は例年どおり休会になります。

次回は9月9日。

このころはコロナも猛暑も少しは収まって、遠方の方も参加できる状況になっていることを願うばかりです。
当分は申込制でやりますのでよろしくお願いします。


(寄稿:松本 恵美 委員)






posted by joryugakakyokai at 23:33| 研究部

2022年07月08日

5月の研究部の様子

5月研究会は5/19で女流展搬入直前でしたが、皆さんとても熱心に参加してくださいました。

コロナ禍でずっと不参加だった方が久しぶりに参加するなど、少しづつではあっても通常の研究会に戻りつつある事を願っています。

3月、4月はあいにくの雨模様で、画材を持っての上野までは大変だったと思いますが、5月はお天気も良く汗ばむくらいの陽気でした。


画像1.jpg
高橋和講師も、講評を受ける部員も立ち上がり、真剣に作品写真を見ながら限られた時間をオーバーしながらも、作品について語り合う。





10分間の休憩時間に、仲田さん指導の下、モデルさんも一緒に参加して疲れた体をストレッチ!! この日のモデルさんは固定ポーズの後の最後の20分間ムービングで、緩急をつけた、時には激しく、モデル台から落ちるのではないかと心配するほどの、大きな動きを見せてくださいました。

画像2.jpg






固定ポーズ(20分×4ポーズ)をデッサンする。思い思いの画材を使って自由に、そして真剣に制作する。
画像3.jpg




来月の6月24日は女流展も終わって、ほっと一息している時期。
懇親会も中止になって、会期中皆さんとお話しする機会があまりありませんが、次回も皆さんの参加を心よりお待ちしています。


(寄稿 松本恵美 委員)






posted by joryugakakyokai at 08:14| 研究部

2022年04月29日

4月の研究部の様子

4月15日研究会の日は、台風の影響で朝から3月と同様、雨模様でした。
キャンセルの方が何人かいましたが、28名の参加で、新しく参加した方も2名。

女流展も近づいてきて、熱気にあふれています。今回のモデルさんも部員の方達には好評でした。

服部圭子講師は25回展から出品していて、当時は150号を2点出品していたそうです。
また50回記念展の時には現在の上皇后美智子様がいらしたときの話など、大変興味深いお話を聞くことができました。
講評希望の方もだんだん多くなり、限られた時間内では大変難しいことと思います。




図1.jpg
クロッキーが始まる前に女流に出品し始めた頃や50回記念展当時の興味深いお話をする服部圭子講師。





図2.jpg
スマホの中の作品写真を見て、アドバイスをする服部圭子講師。



次回5月は女流展搬入前の19日になります。通常は金曜ですが木曜になりますので、間違いませんように。皆さんの参加をお待ちしています。

(寄稿:松本恵美 委員)


posted by joryugakakyokai at 18:55| 研究部

2022年03月23日

3月の研究部の様子

3月18日の研究会当日は肌寒く、雨模様でした。

そんな悪天候にも関わらず、遠方(関西)から日帰りで初参加の方がいたり、皆さん熱心です。早めにいらして場所取りをしている方もいます。

結局、ケガや諸事情などでキャンセルの方がいて、23名の参加になりました。毎回スタジオ内は熱気にあふれています。



22、3月研究会2.jpg




大学で教師をしていてお忙しい中、講師を引き受けて下さった委員:児玉沙矢華講師。
女流の画集や持参した作品写真などで、距離をとってアドバイスをする。一人の持ち時間が短いので、なかなか大変そうです。


22、3月研究会3.jpg



今回も部員の仲田さんの指導の下、10分の休憩時間に疲れた体をストレッチをしました。

4月はもう少し参加者が増えてくると思いますが、女流展に向けて頑張りましょう。

コロナが早く収束して、通常の研究会に戻れますように。そしてウクライナの悲惨な状況が一日も早く収まりますように。



(寄稿:松本恵美 委員)
posted by joryugakakyokai at 20:47| 研究部

2022年02月27日

2月の研究部の様子

1月研究会は28名の申し込みがありましたが、コロナ感染拡大の事もあり、残念ながら中止としました。

2月はワクチン接種がかなり進んできていましたが、その副反応による体調不良などで、数人のキャンセルがあり、結局15名の参加となりました。

美術館でも緊急事態宣言が出ない限りは、スタジオの定員は緩和されましたが、当分の間は、申込制にしますので、どうぞ宜しくお願いします。



2022年2月3.jpg

クロッキー開始前の山口孝子講師による、アーテストトーク。長年、美術教師をしていた時の生徒との思い出など興味深いトークをしてくださいました。





2月2.jpg
昨年の画集とコピーした作品写真を見ながら、講評をする山口講師。





2月.jpg
終了後、講師を囲み、今日の自作を手にマスク着用で記念撮影。

(寄稿:松本恵美委員)






posted by joryugakakyokai at 00:13| 研究部