2022年01月12日

1月21日の研究会は中止となります

1月21日研究会中止のお知らせ

121()に予定していた研究会は、コロナ(オミクロン株)の感染拡大により、部員の方達の安全、安心を第一に考え、大変残念ですが中止とさせていただきます。

2月は18() 講師 山口孝子先生の予定です。
(部員の方達にはお知らせハガキを1月末ごろに郵送します)

研究部担当 松本、徳中、瀬谷

posted by joryugakakyokai at 21:41| 研究部

2021年12月29日

会報 Vol.11を発行しました

女流画家協会会報Vol.11を発行いたしました。

こちらからご覧いただけます。





2021_12kaiho_P1.jpg

編集委員:金谷ちぐさ/ 照山ひさ子
posted by joryugakakyokai at 07:56| 委員日記

2021年11月23日

11月 研究部の様子

今年最後の研究会は、10月まで20名の定員申込制でしたが、直前に都美術館から連絡があり、スタジオの定員が緩和されて、以前に戻りました。

キャンセル待ちが13名いましたが(前日にキャンセルが1名あり)、12名の方達全員に電話連絡し、参加できるようになりました。


現在平塚美術館で大作中心の個展開催中でお忙しい中、遠藤彰子委員が講師を引き受けて下さり、講評も時間内に終わらず、一人一人にぎりぎりまで熱心にやっていただきました。

今年の研究会は定員申込制の少人数で、ゆったりとしたものでしたが、今回は人数が多いい分、場所取りが大変で、コロナ禍以前のように活気に満ちていました。


研究会11月6 (2).jpg

最初に短いアーチストトークをしていただき、部員の持参した作品写真を講評する遠藤彰子講師。
講評希望者の人数も多く、なかなか一人の持ち時間内に終わりませんでした。






研究会11月2 (2).jpg
11月はコスチュームで、今回は真っ赤なフレアースカートに黒いシャツ、幅広の黒革ベルト、先の尖ったエナメル靴。プロポーションの美しい、背の高いモデルさんでした。






来年の研究会はコロナの状況がどのようになっているか?
今のところ感染者数も少なくなって落ち着いていますが、気になるところです。

来年こそは希望する部員の方々が参加できる状況になっていますように。

また担当の3名のうち岩井洋子委員は徳中壽子委員と交代になり、このような先が見えない状況で、私と会計の瀬谷貴久枝委員があと1年残ることになりました。

どうぞ部員の方達、
お元気で来年も楽しく、活気のある研究会ができますように!! 

皆さんの参加をお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

(寄稿:松本恵美 委員)












posted by joryugakakyokai at 21:21| 研究部

2021年11月12日

女流画家協会 小品展

委員41名の小品(サムホール)展

東急百貨店たまプラーザ展4階アートサロン
11/11(木)〜17(水)


スキャン.jpg


posted by joryugakakyokai at 07:34| 委員日記

2021年11月03日

草莽の風展

委員8名によるグループ展
草莽(そうもう)の風展に行ってきました。
※草莽とは、在野の意味だそうです手(チョキ)



抽象画8委員の作品を堪能できる贅沢な展覧会。

DSC_0345.JPG



DSC_0346.JPG



DSC_0292.JPG

この日は、ちょうど(右から)松本恵美先生、渡辺由紀子先生、岩井洋子先生が在廊されていました。

丁寧な下地作りの話をいろいろ聞かせていただき、楽しいひと時でした。







松本恵美 委員 作
DSC_0347.JPG

DSC_0308.JPG








渡辺由紀子 委員 作
DSC_0001_BURST20211102133047702.JPG








岩井洋子 委員 作
DSC_0293.JPG








金谷ゆみえ 委員 作
DSC_0304.JPG







橋和 委員 作
DSC_0306.JPG








八木芳子 委員 作
DSC_0299.JPG








平川きみ子 委員 作
DSC_0295.JPG








大前美登利 委員 作
DSC_0297.JPG






小品も充実していて、見ごたえあり。
DSC_0344.JPG




DSC_0327.JPG




DSC_0312.JPG









11/6まで銀座K's Galleryで開催されています。

soumounokaze2021.jpg


(寄稿:委員 中嶋しい)
posted by joryugakakyokai at 21:06| 作家日記

2021年10月25日

11月 研究部のお知らせ

今年最後の研究会となります。
緊急事態宣言は解除されましたが、松本委員まで電話で申し込んだ方に限定します。中止となった場合、事前に申込者に連絡します。


日時 11月19日(金)13:30〜
場所 東京都美術館スタジオ
講師 遠藤 彰子 先生
裸婦クロッキー・デッサン、ムービング、作品批評



記名料 3,000円(定員制の間は10回出席で更新)
会費  3,000円
※部員証をお持ちの方は必ずご持参ください。


入室は12時以降。
飲食禁止。
必ずマスク着用。


申し込み後、体調の悪い方、欠席の時は
必ず事前にご連絡ください。(キャンセル待ちの方がいます。)


12月は休会となります。
※次回1/21(金)

---------------------------------------------
研究部事務所(問い合わせ先)

松本 恵美 Tel 03-3372-6632/090-3802-4528
岩井 洋子   Tel 03-3710-0904
瀬谷貴久枝   Tel 03-3710-6530 


posted by joryugakakyokai at 06:15| 研究部

2021年10月23日

10月 研究部の様子

10月はキャンセル待ちが9名いましたが、事前に2名のキャンセルがありました。

当日(体調を崩して)キャンセルがあり、19名の参加となりました。

お知らせのはがきが届くのが地区によって、早かったり遅かったりで、不公平になって、申し訳ないのですが。


PXL_20211015_050513688 (002).jpg

テーブルを通常の倍にして、距離をとり、アクリル板があるので作品を見るのも、話をするのも少しやりにくいのですが、生駒幸子講師は身を乗り出して、とても時間をかけて講評してくださいました。





モデルさんは固定ポーズは両膝を立てた形で、20分間はつらかったのではと気になりました。最後の20分ムービングは音楽をかけて、モデル台にのったり、降りたりと大きくダイナミックな動きを見せていただきました。



PXL_20211015_054730003.NIGHT (002).jpg

10分間の中間休憩時に今回も部員の仲田さん指導の下、体操をして、緊張感と疲れた体をほぐして……








PXL_20211015_050408900.MP (002).jpg




次回1119日は今年最後になります。来年こそは希望する部員の方が参加できる状況になっていますように。


(寄稿:松本恵美 委員)
posted by joryugakakyokai at 06:30| 研究部

2021年09月27日

10月 研究部のお知らせ

10月も感染対策を十分にとって開催します。首都圏の方とし、松本委員まで電話で申し込んだ方に限定します。


定員20名
中止となった場合は申込者に連絡します。当分の間、定員申込制で行います。


日時 10月15日(金)13:30〜
場所 東京都美術館スタジオ
講師 生駒 幸子 先生
裸婦クロッキー・デッサン、ムービング、作品批評



記名料 3,000円(定員制の間は10回出席で更新)
会費  3,000円
※部員証をお持ちの方は必ずご持参ください。


入室は12時以降。
飲食禁止。
必ずマスク着用。


申し込み後、体調の悪い方、欠席の時は
必ず事前にご連絡ください。(キャンセル待ちの方がいます。)

※次回11/19(金)講師 遠藤彰子先生

---------------------------------------------
研究部事務所(問い合わせ先)

松本 恵美 Tel 03-3372-6632/090-3802-4528
岩井 洋子   Tel 03-3710-0904
瀬谷貴久枝   Tel 03-3710-6530 


posted by joryugakakyokai at 06:51| 研究部

2021年09月16日

9月 研究部の様子


9月は申込が定員の20名になり、キャンセル待ち3名でした。
2名のキャンセルがあり、当日行き違いで1名欠席。結局19名の参加になりました。もう1人のキャンセル待ちの方には申し訳ないことをしました。

9月研究会は年間10回のうち、年1回の男性のモデルさんです。
演劇とダンスをやっているとの事。日焼けした肌、引き締まった体が美しく、緩急をつけたムービングも、20分間を固定ポーズの間に入れていただきました。




画像1.jpg
スタジオ内一角でアクリル板を置いて、半那裕子講師より講評を受ける。
(タブレット内の写真、画集の中の作品写真、エスキース、その他)



女流展は終わりましたが、これから秋の展覧会に出品する部員も多く、いろいろなアドバイスを受けることが出来て参考になったことでしょう。

これからコロナ感染拡大がどのように収束していくか、気になりますが、当分スタジオが定員制である限り、申込制になります。





画像2.jpg


部員の仲田道子さんの指導の下、10分の休憩時に体操をして、緊張感と疲れた体をほぐしています。
モデルさんも一緒に参加しています。





画像3.jpg



画像4.jpg
定員少人数制の為、通常の時よりもゆったり間をあけて、描くことができます。


次回10月の研究会は15日。

読書の秋、食欲の秋、そして芸術の秋。
一日も早く自由に希望者が参加できる研究会になりますように!!

(寄稿:松本恵美 委員)
posted by joryugakakyokai at 07:11| 研究部

2021年08月27日

作家日記-長瀬綾子

(寄稿:74回展一般賞候補 長瀬綾子 茨城県つくば市在住)


自然豊かな研究学園都市、
つくばで制作をしています。

tsukubacity.jpg
(市内風景 提供:つくば市)





カルチャースクールの講師をしているので
授業の前に実験植物園に寄って
珍しい花や木を観察するのが日課に。

shokubutuen.jpg





お気に入りのサバンナ温室で
ボーっと巨大サボテンを眺める。

sabanna.jpg




春は牡丹園に通い、作品用に
牡丹や芍薬のスケッチをします。

botanen2.jpg






botanen1.jpg



その後、制作に入ります。
花のもつ何とも言いようのない魅力や激しさを
キャンバスに落とし込みたい!


sakuhin1.jpg





sakuhin2.jpg




ロボットが街を行き交う未来都市は
たくさんの緑があるせいかどこかのんびりとしています。

研究機関で知的好奇心を満たしたり、
筑波山で雄大な自然に触れることができたりと
アートを生み出す程よい刺激のある街、つくば。
皆様もぜひお越しください。






posted by joryugakakyokai at 20:42| 作家日記